■「ロミオとジュリエット」と「パリ・オペラ座のすべて」

先週はバレエ公演、今週はバレエ映画とバレエに触れてきました。まず、バレエ公演のほうは、

K-BALLET COMPANY 10周年記念ツアー 「ロミオとジュリエット
ロミオ:熊川哲也 
ジュリエット:ロベルタ・マルケス

熊川さんの回転や跳躍はすばらしかったです。ケガをしてもあんなに回復できるんですね。熊川さん以外の男性陣もイケメン揃いで舞台を盛り上げていました。

それに、ジュリエット役のロベルタ・マルケスが可愛くて可憐でジュリエット役にぴったり!小柄なんですが、顔がと~~ても小さいのでプロポーションが抜群なんです。ちなみに、彼女は今度のオリンピック開催地のリオ・デ・ジャネイロ出身で黒髪のはっきりした顔立ち。今までブラジルとバレエは結び付かなかったのですが、バレエもさかんなのかも?

お次は、以前もご紹介した「パリ・オペラ座のすべて」-公式サイト-

3時間近くのドキュメンタリー映画でしたが、クラシックバレエよりもコンテンポラリーダンスシーンが多かったので私はちょっときつかったです。モダンな作品もすばらしいとは思いますが、内容が超過激なので正直ひいてしまいました。延々と衝撃的な前衛ダンスの映像を流しているので、今後はこういった作品に力を入れていくのかもしれません。もちろん、クラシックバレエの溜息が出るようなシーンもありますので、バレエが好きならきっと楽しめると思います。

公演は満席だし、平日なのに映画は老若男女の長蛇の列!バレエは人気ありますね~
この分だと、来年三月のパリ・オペラザバレエ団の公演も大人気かも。

↓ダンス・バレエ人気ブログランキングはこちら。
クリックしていただくと私の順位も上がります。よかったら応援してください♪
ranking1

関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Chiyu

Author:Chiyu
まったくバレエ経験がなく、41才でバレエを始めました。
あまりの下手さにつらい時もありますが、楽しく続けています。

フィットネスジムのバレエストレッチからはじめて、現在はバレエスタジオでレッスン中。

ブロとも申請フォーム

広告スペース

フリーエリア

ブログ内検索