■バレエ漫画「ヴィリ」

近くの古本ショップで、山岸涼子さんのバレエ漫画「ヴィリ」というコミックを見つけたので衝動買いしました。
山岸涼子さんの独特な絵と世界が好きで、学生の頃はずいぶん読みました。が、大人になってからはほとんど読まなくなったので、懐かしさも感じて手に取ったのかも。

山岸さんの作品は、幽霊をテーマにした怖い作品がけっこうあるんです。それも半端じゃない恐ろしさ!「私の人形はよい人形」は怖かった!!

今回の「ヴィリ」も山岸さんお得意のちょっと怖い作品です。ヴィリとは、「ジゼル」に登場する結婚直前に亡くなった女性が精霊になったものだそうで、作品でも「ジゼル」の踊りが登場します。ストーリーはドロドロしてはいますが、後味が悪くなくないのが救いかな。バレエ好きならさらっと読めちゃいます。

山岸さんは他にもバレエを題材にした作品があると思いますが、私は超むか~しの「アラベスク」しか読んでないです。ヒロインの名前今でも覚えてますよ。
他にもいくつかバレエをテーマにした作品を読みましたが、若いバレリーナへ嫉妬する話とか天才バレリーナが狂ってしまうとか、悲惨なストーリーだったような気がします。

バレリーナってイメージは綺麗ですが、実際は主役の奪い合いや嫉妬が渦巻く世界だからなんでしょうか。私には想像もつきませんが、、、

みなさんは山岸さんの作品は読みますか?

ヴィリ (MFコミックス)ヴィリ (MFコミックス)
(2007/10/23)
山岸凉子

商品詳細を見る


↓山岸作品は真夏にぴったり!好きな人も、そうじゃない人もよかったらワンクリックで応援していただけると嬉しいです♪
ranking1

関連記事

■コメント

■テレプシコーラ [さゆらん]

山岸さんのマンガは10代にはまりました。
独特の世界観が大好きです。
最近、友人の山岸ファンに勧められて、『舞姫 テレプシコーラ』を読み面白かったです。
いま二部を連載中らしいです。
長編のバレエ漫画です。

■ [Chiyu]

v-381さゆらんさんへ

コメントありがとうございます。
山岸作品は、怖いし、少女漫画っぽくないし独特ですよね!
そこにはまってしまうと、抜け出せなくなります。
久しぶりに読んでみましたが昔と変わらなかったです。
『舞姫 テレプシコーラ』は読んでいないんです。
機会があったら読んでみたいです。

■ [Arabesque]

山岸作品は人の心理の奥底を深ーくえぐるように描かれてるものが多いですよね…コワッ!

「アラベスク」は名作ですね!私は特に第二部が好きです。
「ブラックスワン」は黒鳥の衣裳がカッコよくて素敵。
山岸先生自身は、47歳くらいから子どもの頃習っていたバレエを再開されたそうで、「テレプシコーラ」は大人バレエでも参考になる色んな知識が散りばめられていて、読んでてタメになりました。
「ヴィリ」はテレプシ一部と二部の間に連載してましたね。主人公の年齢が私と近いので、バレエはともかく、なんか色々と生々しく感じました(笑)
表紙綺麗ですね…私も買おうかな~

■ []

v-381Arabesqueさんへ

私もアラベスクの第二部は心に残ってます!
第一部に比べて、急に絵が上手くなっていますよね。
けっこうドロドロしてましたけど、最後はハッピーエンドで良かったです。
山岸さん、子供の頃にバレエ経験があったんですね。
これからもバレエをずっと続けて、バレエ漫画を描いてほしいですね。
「ヴィリ」の表紙は素敵ですよ^^
手元に残しておきます♪
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Chiyu

Author:Chiyu
まったくバレエ経験がなく、41才でバレエを始めました。
あまりの下手さにつらい時もありますが、楽しく続けています。

フィットネスジムのバレエストレッチからはじめて、現在はバレエスタジオでレッスン中。

ブロとも申請フォーム

広告スペース

フリーエリア

ブログ内検索