■ローザンヌ・ガラ

lausanne
昨日まで猛猛猛暑でしたけどみなさん夏バテしていませんか?
私は15日から夏休みでプラプラしていまして、今日はレッスン仲間4人と青山劇場でバレエを見てきました。
ローザンヌ国際バレエコンクール受賞者による、
「ローザンヌ・ガラ2007」です。
席は後ろのほうだったのでオペラグラスを持っていって良かった!ちなみにバレエを見るのは1年ぶりなのですごく楽しみにしていました。
ガラ公演なのでクラシックからモダンまで内容はいろいろ。クラシックは、「白鳥の湖」の黒鳥のパ・ド・ドゥ、「ロミオとジュリエット」、「くるみ割り人形」のパ・ド・ドゥなど。
くるみの雀由姫さんがすごく堂々と踊っていて素敵でした。パンフを見たら、英国ロイヤルバレエ団のファースト・アーティストで、一緒に踊っていた相手の方も同じ英国ロイヤルバレエ団のファースト・ソリストでした。
だからなのかしらん?前から3番目にあの吉田都さんがいらしたそうです。彼女も確か英国ロイヤルバレエ団でしたよね。吉田都さんのバレエも見たいのですが、即完売らしいので難しそう。

コンテンポラリーダンスに関しては、惹きつけられるダンスとそうではないものとに分かれました。見せ方に工夫があるとつい引き込まれますが、動きが地味だと私的にはいまいち。。
おかしなもので、コンテンポラリーの後にクラシックを見ると固い雰囲気だと感じますし、コンテンポラリーが続くとクラシックが見たくなるんです。ですから、コンクール形式のこのガラ公演というのは両方楽しめてお得かも。
今日のコンサートは満席で、中にはやたら姿勢のいい女の子がちらほらと。きっと隣のお母さんに、
「あなたもいつかはコンクール受賞者としてあの舞台に立つのよ!」
とか言われているのかなぁ。考えすぎ?

今月中にブログ2周年記念企画を計画しています♪要チェックですよ~

だいぶ下がってしまうとやっぱり悲しい。。クリックで応援していただけると嬉しいです♪
ranking1

関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Chiyu

Author:Chiyu
まったくバレエ経験がなく、41才でバレエを始めました。
あまりの下手さにつらい時もありますが、楽しく続けています。

フィットネスジムのバレエストレッチからはじめて、現在はバレエスタジオでレッスン中。

ブロとも申請フォーム

広告スペース

フリーエリア

ブログ内検索