■2010年11月

■44年前のバレエ映画を見てきました

44年前のバレエ映画とは、マーゴ・フォンテーンとルドルフ・ヌレエフペアによる「白鳥の湖」でたった一日だけの上映会でした。

なぜこんなレアなバレエ上映会を知ったというと、"バレエの神髄(記事はこちら)"という公演を見にいったときにチラシをもらったからなんです。それをバレエに詳しいレッスンメイトが見つけて、バレエ好きな仲間と行ってきたんです。

で、内容はどうだったかというと、ここんとこ疲れが溜まっていた私はいまいち映画に集中できませんでした。一番印象に残ったのはルドルフの濃いメイク。アイメイクはいいとしてもピンクの唇は、、、

でも、ルドルフの回転はすばらしかった!映画なのに思わず拍手が飛び出したくらい。早くて正確でほんとに凄かったです。あれだけでも見る価値あったと思いました。

それにしても、44歳の引退を考えていた時に19歳年下のルドフルに出会って10年以上パートナーを組んだことも相当の驚きです。ということは、この映画が撮影された時のマーゴの年齢は推定47歳。この年齢であれだけ踊れてしかも32回転回るとは信じられない!体力の衰えよりも踊りたいという精神力がさせた神技なんでしょうか。

ダンサーの情熱って凄まじい!!

もう二度と見れないと思うと見に行って良かったです。

↓ダンス・バレエ人気ブログランキングはこちら。
クリックしていただくと私の順位も上がります。よかったら応援してください♪
ranking1

プロフィール

Chiyu

Author:Chiyu
まったくバレエ経験がなく、41才でバレエを始めました。
あまりの下手さにつらい時もありますが、楽しく続けています。

フィットネスジムのバレエストレッチからはじめて、現在はバレエスタジオでレッスン中。

ブロとも申請フォーム

広告スペース

フリーエリア

ブログ内検索