■2007年08月

■2周年記念

present
このバレエブログが始めてから2年になりました。みなさんの温かいコメントや応援に支えられてここまで続けられました。ほんとにありがとうございます
辞めようと思ったことはないのですが、更新頻度はまったり気味になったかも。マイペースですみません。思えばこの2年間、生活ペースが変わらなかったこともあり順調に続けてこれたんだと思います。来年は変わりそうなのでどうなるか不安なんですが。。

バレエは始めて3年目になりますが、今後も発表会に出るつもりはなく週2回のペースで長~~く続けていこうと思っています。別に年だからというわけではないですよ。私には今のペースが合っているんです。
とはいえ、もっと上手くなりたいし、体も柔らかくしたいという目標は持っています。多少でも上達しないと楽しめないですしね。

バレエは私にとって欠かせないものになりつつあります。体にいいし、バレエ仲間との交流も楽しいし。今後も5年、10年と続けていけたらいいな。ブログもマイペースで書いていきますのでこれからもよろしくお願いします。

2周年記念ということで、ひじょーにささやかなプレゼントを企画しました。青山の新装オープンのバレエショップに行ったときにもらった、フォトカードとミニタオルです。石鹸セットはおまけです。
ほしい方は、net215#hotmail.com(#を@に替えてくださいね)へ、件名を「バレエブログ」としてメールを送ってください。
メールを送るのがめんどうなら、コメント欄からでもどうぞ。管理者にだけ表示を許可するにチェックを入れていただければ私にしか届きません。連絡先を書いていただいてもだいじょうぶです。
ほんとにささやかで申し訳ありません!10周年記念になったら
パリ・オペラ座日本公演チケットプレゼントにしたいと思っているので、どうかそれまでお付き合いくださいませ♪

祝!2周年記念で応援していただけると嬉しいです♪
ranking1

■バレエDVDがたまっています

レッスン仲間が貸してくれたバレエのDVD(2本)を早く見たいと思っているのですが、そんなに忙しいわけではないのになかなか見れません。
それなのに、今日の帰りについDVD付きのバレエ本を買ってしまいました。本のタイトルは「バレエウォーキングダイエット」で、ダイエットしたい私にはまさにぴったり!
いくら売れているからといってもどうしても「ビリーズブートキャンプ」は購入する気になりませんでしたが、好きなバレエで痩せられたら最高です。
この前買った「クロワッサン」でもバレエウォーキングが載っていたし、もしかして今売り出し中かも。

DVDのほうは、12月のチケットが完売してしまったというシルヴィ・ギエムと、スーパーバレエレッスンのルグリ先生が出演しているバレエ映画のエトワールです。
貸してくれたレッスン仲間の子は、クラスで一番と言ってもいいくらい上手くて、一人でもどんどんバレエ公演に行ってしまうくらいのバレエ好き。帰り道が一緒なので自然と仲良くなりました。

今週末にはまずDVDからゆっくり鑑賞したいと思っています。見たらまた感想をアップしますね。バレエの本も読んで実践したらご報告しますのでお楽しみに。

最新のバレエニュース

いつも応援ありがとうございます。嬉しいです♪
ranking1

■ローザンヌ・ガラ

lausanne
昨日まで猛猛猛暑でしたけどみなさん夏バテしていませんか?
私は15日から夏休みでプラプラしていまして、今日はレッスン仲間4人と青山劇場でバレエを見てきました。
ローザンヌ国際バレエコンクール受賞者による、
「ローザンヌ・ガラ2007」です。
席は後ろのほうだったのでオペラグラスを持っていって良かった!ちなみにバレエを見るのは1年ぶりなのですごく楽しみにしていました。
ガラ公演なのでクラシックからモダンまで内容はいろいろ。クラシックは、「白鳥の湖」の黒鳥のパ・ド・ドゥ、「ロミオとジュリエット」、「くるみ割り人形」のパ・ド・ドゥなど。
くるみの雀由姫さんがすごく堂々と踊っていて素敵でした。パンフを見たら、英国ロイヤルバレエ団のファースト・アーティストで、一緒に踊っていた相手の方も同じ英国ロイヤルバレエ団のファースト・ソリストでした。
だからなのかしらん?前から3番目にあの吉田都さんがいらしたそうです。彼女も確か英国ロイヤルバレエ団でしたよね。吉田都さんのバレエも見たいのですが、即完売らしいので難しそう。

コンテンポラリーダンスに関しては、惹きつけられるダンスとそうではないものとに分かれました。見せ方に工夫があるとつい引き込まれますが、動きが地味だと私的にはいまいち。。
おかしなもので、コンテンポラリーの後にクラシックを見ると固い雰囲気だと感じますし、コンテンポラリーが続くとクラシックが見たくなるんです。ですから、コンクール形式のこのガラ公演というのは両方楽しめてお得かも。
今日のコンサートは満席で、中にはやたら姿勢のいい女の子がちらほらと。きっと隣のお母さんに、
「あなたもいつかはコンクール受賞者としてあの舞台に立つのよ!」
とか言われているのかなぁ。考えすぎ?

今月中にブログ2周年記念企画を計画しています♪要チェックですよ~

だいぶ下がってしまうとやっぱり悲しい。。クリックで応援していただけると嬉しいです♪
ranking1

■最近のレッスン

暑くなりましたね。あまりにも暑いので最近は家からレッスンに行くときにはバスを使うようにしています。今日は仕事先からだったので日傘をさしながら5分くらい歩いて行きました。
暑くてもみなさんがんばって来ていたし体験者が2名もいてびっくり。
最近スタジオも蒸し暑いので、久しぶりにピンクタイツと巻きスカートでやってみると、足がまるみえで恥ずかしい~
最近はずっとスパッツを履いていたので、あらためて鏡で見ると自分の足の形の悪さにがっかり!特にふくらはぎね!!この足はバレエをやっている人の足ではないのではと思うくらい。。
もう重々承知しているんですけど、事実を突きつけられるとやっぱり悲しいものがありますね。でもそんな足でもつま先をきちんと伸ばすと綺麗に見えて嬉しい♪
見るのがつらくてもバレエレッスン的にはピンクタイツがいいのはわかっているので、たまには勇気を出してやってみようと思ってます。最近太ったし戒めのためにもそのほうがよさそう。

昨日買ったクロワッサンバレエエクササイズで筋力を鍛えようという特集が載っていて、足の内側を意識するようにと書いてありました。そうすれば80才になっても高いヒールを履いて美しく歩けるようになるんですって!
先生もよく足の内側を意識するようにと言われていたんですが、私は他のことで手一杯であまり意識していなかったんです。なので今日は少し意識してレッスンをしてみました。あとアティテュードやグランバットマンのときに軸足の膝が曲がってしまう癖があるのでそれも気をつけないと。
いろいろ気をつけることが多くてなかなか全部注意しきれないですが、少しづつバレエの基本が身につくようにがんばりたいです。
そうなればピンクタイツでも堂々とレッスンできるかも。

ピンクタイツを履いている人もそうでない人もクリックで応援していただけると嬉しいです♪
ranking1

■バレエの番組チェックに

今日はバレエの番組がチェックできる、チャコットウェブマガジンをご紹介します。既にご存知の方はすみません。
ここのサイトはブログ仲間のKANOさんの教えていただきました。KANOさん、その後お元気ですか?
トップページの下のダンス・オン・TVをクリックすると、月毎のダンス系TV番組が一目でわかって便利ですよ。来週は熊川哲也さんの番組がありますね。ファンの方は要チェックかも。他にもバレエ用語とかバレエ演目紹介とかも載っています。
バレエ番組はだいたいNHKやBSで放送することが多いですが、ここ2年くらいは民放でもバレエドラマやバレエ企画ものがけっこうたくさんありました。そのおかげでブログネタが絶えなくて嬉しかったのですが、最近少しブームが落ち着いてきたような気がします。
とはいえバレエは大人の楽しみとして定着しているのは間違いないので、今後もきっといろいろなバレエ番組が企画されることを期待しています。ちなみに、
「バレリーナが教えるバレエ上達のコツ」
なんていう番組があったら必ず見ます!
あとは「ルルベ・ゴリバレエ団」の第2弾も見たい!
みなさんは印象に残っている番組ってありますか?

バレエ番組が好きな人もあまり見ない人もぜひ応援してください♪
↓クリックしていただくとランキングの順位が上がります。
ranking1

■バレエまんが「昴」再開!

2000年から約2年間、スピリッツというコミック誌に掲載されていた「昴」って知っていますか?
孤独な天才バレエダンサーのすばるを描いた物語で、激しくて力強い作品でした。もうずいぶん前なのでストーリーはほとんど忘れていますが、なかなかおもしろかったという記憶はありました。その「昴」が今回舞台をドイツにうつして新しく連載が始まるそうです。
この新章ですばるが入団することになるバレエ団のモデルは、あのマラーホフ様が率いる「ベルリン国立バレエ団」。
このバレエ団は「学校へ行こう」という番組で紹介されていたので、私も知っていました。ここから始まる17才のすばるの物語は一体どんなものなんでしょか?
この新章「昴」に賭ける作者の曽田正人さんの思い入れはものすごくて、取材のためにベルリンへ行ってマラーホフ様の舞台を見て、さらに直接インタビューもされています。
「昴」を理想通りに完成させられたら死んでもいい
とさえおっしゃっています。うーんそこまで思えるとは立派だ~
曽田さんは見た目の雰囲気はめがねをかけた穏やかそうな人なんですが、私としては、なぜそこまで思えるのか、どうしてバレエなのか、バレリーナのどこにそんなに惹かれるのかをぜひ聞いてみたいです。
それに、このスピリッツというコミック誌はモロ男向けで、バレエものなんて全然合わないんですよ。それでもけっこう人気があったようなので、おもしろければ何でもおっけーなんでしょうね。
というわけで、第二幕-昴 ソリチュード・スタンディングが来週から連載開始なので興味がある人はどうぞ。



昴を知っている人も知らない人もぜひ応援してください♪
↓クリックしていただくとランキングの順位が上がります。
ranking1

プロフィール

Chiyu

Author:Chiyu
まったくバレエ経験がなく、41才でバレエを始めました。
あまりの下手さにつらい時もありますが、楽しく続けています。

フィットネスジムのバレエストレッチからはじめて、現在はバレエスタジオでレッスン中。

ブロとも申請フォーム

広告スペース

フリーエリア

ブログ内検索